毎回調べていることのメモ(WP-CLI編)

WordPress のコマンドラインインターフェース WP-CLI を利用するときに毎回調べていることをメモに残しています。

WP-CLI のインストール・アップデート

Q
WP-CLI をインストールする
A
# [user_home]/bin にインストール場合
cd ~/bin

# インストール
curl -O https://raw.githubusercontent.com/wp-cli/builds/gh-pages/phar/wp-cli.phar
Q
WP-CLI を wp で実行できるようにする
A
# vi 等で .bashrc を編集
vi ~/.bashrc

# 以下を追加(エイリアス設定)
alias wp='/usr/bin/php7.4 ~/bin/wp-cli.phar''
レンタルサーバー等で利用する時はレンタルサーバーのホームページで php のパスを調べてね。
Q
WP-CLI をアップデートする
A
# アップデート
wp cli update

# Error: /usr/local/bin is not writable by current user. エラーになる場合
wp cli update
これ以降は WordPress をインストールした(する)ディレクトリで操作
# /mnt/c/MAMP/htdocs/example にインストールした場合
cd /mnt/c/MAMP/htdocs/example

WordPress をダウンロードする

Q
WordPress本体(コアファイル)をダウンロードする
A
# ダウンロード
wp core download --locale=ja
Q
インストール先を指定してダウンロードする
A
# /mnt/c/MAMP/htdocs/example にインストールする場合
wp core download --locale=ja --path=/mnt/c/MAMP/htdocs/example

プラグインを操作する

Q
プラグインをインストールする
A
# all-in-one-wp-migration をインストールして有効にする場合
wp plugin install all-in-one-wp-migration --activate
Q
プラグインを有効にする
A
# all-in-one-wp-migration を有効にする場合
wp plugin activate all-in-one-wp-migration
Q
プラグインを無効にする
A
# all-in-one-wp-migration を無効にする場合
wp plugin deactivate all-in-one-wp-migration
Q
プラグインの状態を表示する
A
# 状態表示
wp plugin status

データベースを操作する

Q
サイトのURLを変更する
A
# example.com から localhost/example に変更する場合
wp search-replace 'example.com' 'localhost/example'
ローカル環境でデータベース接続エラーになる場合、wp-config.php の DB_HOST を ‘localhost’ から ‘127.0.0.1’ に変更するとうまくいく場合がある